『ホームページ』を新しく作りたい、既にホームページはあるけれどうまく使いこなせていないので思い切って作り変えたい…

 

しかし、見積りは取ったものの、その金額に唖然…そんな経験をなさってはいませんか?

今回は中小企業のIT化を支える制度である「IT導入補助金」のご紹介と、それを利用するメリット、相談の方法などについてご説明します。

 

1.IT導入補助金とは?

 

IT導入補助金の正式名称は、「サービス等生産性向上IT導入支援事業」で、経済産業省から委託を受けた一般社団法人サービスデザイン推進協議会が窓口となり推進しているものです。

人手不足が叫ばれている昨今、大手企業のように給与水準を上げるという方法で人材集めができない/しづらいのが中小企業の特徴です。

 

ITツールの導入で業務を効率化すれば、現在の人員で事業を進めることができるかもしれません。

また、ITツール導入検討により、経営のあり方を見直すきっかけを得ることができるかもしれません。

中小企業が抱える問題を様々な側面から総合的に後押ししようというのが、この「IT導入補助金」です。

 

2.IT導入補助金を申請するには「事業計画」が必要

 

補助金申請を申請するには、事業計画が必要です。

導入しようと考えるツールで何を実現しようとしているのか、もしくはどのような企業に“成長”していきたいのかを考え、それを現実のものとするためにヒト/モノ/カネをどう動かすべきかを数字にまで落とし込む必要があります。

 

これは、自社の強み/弱み/今後何がどれだけ必要なのかを洗い出す作業です。

IT導入補助金申請のための事業計画書作りは、公式サイトにある事業計画への各種問いへの回答入力と同時に、中小企業診断士などの専門家へ相談することで進めます。

 

ここで大事なのは、そのITツールを導入することで

・どこまでITツール導入の効果を最大化できるか

 

というポイントです。単に導入すればよい、というものではなく、

 

・フロント・ミドル業務(例;発注支払い管理や在庫管理)

・バックオフィス業務(例;顧客管理)

 

などのうち、2つ以上の機能を持っていなければなりません。

これこそまさに、「ITによる業務円滑化」につなげるためのものですので、とても重要な点です。

 

では、どのIT関連企業に依頼すればよいのでしょうか?

 

どこでもよいのでしょうか?

 

答えは、このIT導入補助金公式サイトに掲載されている、

 

「認定ITベンダー」のみ、です。

 

認定ITベンダーはこの制度の意味を充分に理解し、企業をどうサポートすべきかについての知見に富んでいます。

 

また、この制度を利用するために必要な申請方法にも通じていて、実際に申請手続きを行えるのが認定ITベンダーです。

 

3.IT導入補助金を利用するための要件は?

 

では、どのような企業がこのIT導入補助金の対象となるのでしょうか。いくつかの要件を満たさなければなりませんが、大きなポイントは以下のようなものです。

 

・国内の中小企業で、生産性向上のためにITツールを導入しようとしている企業

・SECURITY ACTION宣言をすること

・虚偽の申請をしないこと

・訴訟や法令遵守において問題を抱えていないこと

 

この中で、少し解説が必要なのが「SECURITY ACTION宣言をすること」でしょうか。

 

SECURITY ACTION宣言とは、IPA(情報処理推進機構)に、「情報セキュリティ対策に取り組みます」と伝え、

・情報セキュリティ5か条遵守(一つ星)

・情報セキュリティポリシーを策定、外部に公表(二つ星)

 

のいずれかの状態をキープすることです。

 

近年、個人情報の問題が大きく取り上げられることが増えています。

この問題の対応策を前提としなくては、IT化での業務効率アップを目指すことは不可能です。

 

改めて「個人情報とは何か」「どのように取り扱うべきか」を知り、日常業務内で保護の徹底を行うことが求められていますので、この点からいっても企業としての成長が伴う、価値のある補助金制度といえるでしょう。

 

3.交付申請はいつまでできる?

 

まず、以下の図をご覧になってください。

■図1「IT導入補助金事業スケジュール│一般社団法人サービスデザイン推進協議会」

https://www.it-hojo.jp/overview/

 

当初、二次公募までしかありませんでしたが、この度三次公募にまで期間が拡大されました。

・交付申請期間=2018年10月上旬

・交付決定=2018年10月中旬

・事業実施期間=交付が決定した日から2019年1月中

・事業実績報告期間=~2019年1月31日

※いずれも(予定)

 

2018年11月18日までに事業計画書を提出する必要がありますので、もしも興味や関心がある方は、

いますぐにでも株式会社Daiju.techへご相談ください。

 

IT導入補助金のご相談はこちら

 

念のための「ご注意」ですが、

・交付決定通知前に発注/契約/支払いは認められない

こともご記憶ください。

 

4.補助額は?補助金交付はいつ?

 

補助金の額は、最大50万円、下限15万円です。

 

 

入金は、IT導入支援事業者(認定ITベンダー)からの申請が審査、承認されたのちそれが認められれば、WEBサイトや登録したメールアドレスで「補助金申請ができる状態にあること」がわかります。

ご自身の手でWEBサイトにログイン、交付請求を行うことで補助金が交付されます。

 

実際に入金されるまで、約1カ月かかります。

 

申請が10月上旬で締め切られることを考えると、いますぐにでも認定ITベンダーにご相談なさってください。

 

5.IT導入補助金制度は、単なる「お金のサポート」ではない

 

先にも触れたとおり、このIT導入補助金は、「お金のばらまき」ではありません。

その後の事業をどう発展させたいか、そのために何が必要かをしっかりと考え、ツール導入後も認定されたときの水準を保つことが求められます。

 

・会社の強み/弱み/適したITサービスの選定

・SECURITY ACTION宣言をすること

 

これだけでも充分に会社の状態を振り返ることができますが、補助金対象と認定されるための加点対象に

 

・おもてなし規格認定2018の取得

 

が挙げられていて、これを目指すことでサービスを“より高みへ”と導くことができます。

おもてなし規格認証2018とは、「サービス品質の見える化」を目的にしたもので、自社のブランディングにも大いに役立ってくれるものです。

 

■図2「おもてなし規格認証とは│一般社団法人サービスデザイン推進協議会」

https://www.service-design.jp/about/

 

6.IT導入補助金については、株式会社Daiju.techへご相談ください!

 

株式会社Daiju.techは、認定ITベンダー・サービス事業所です。

このIT導入補助金について学び、サポートの実績があります。

 

ホームページ作成だけでなく、ホームページを作るだけでは実現できないコンテンツマーケティングにも対応できますので、

「作って終わり」というお付き合いの方法はいたしません。

 

コンテンツマーケティングとは、ホームページや各種SNSを使い、御社の見込み客を自動的に増やす手法です。

コンテンツとは、直訳すると「情報の中身、情報そのもの」のことです。ホームページに有益な情報を掲載し蓄積すれば、それが御社の財産となり、ファン(見込み客)を増加させることにつながります。

 

コンテンツマーケティングには、手法やコツがありますが、株式会社Daiju.techはこのコンテンツマーケティングのサポートを通じ、

ホームページを「さらによりよい財産」にするお手伝いも行えます。

まとめ

 

自社ホームページは「財産」であると同時に、「見込み客を増やすためのしかけ」となってくれます。

せっかくならば、IT導入補助金という制度を活用し、あらゆる角度から御社を見つめなおし、ITツール導入後も“進化”を続ける仕組みづくりを目指してはいかがでしょう。

 

株式会社Daiju.techは、IT導入補助金を受けるための手続きをお手伝いできる認定ITベンダーです。

・IT導入補助金について

・事業計画について

・ITツールについて

・ホームページ制作について

などなど

IT導入補助金にご関心があれば、お早めにご相談ください。

 

 

 

Copyright© 株式会社Daiju.techダイジュテック , 2018 All Rights Reserved.