グーグルアドセンス|審査に受かる為の3つのポイント!ここを変えればいい

 

この記事を書いている人 - WRITER -

『webとITをもっと身近に。』
大分県日田市で『webとIT』の専門家として活動中!
ミラサポや保証協会に登録し、webコンサルタントとして企業の相談などを行っております(全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
制作では、販売促進に効果的なランディングページの制作も行っております!

宮野大樹

この記事を書いている人 - WRITER -
「webとITをもっと身近に。」 大分県日田市で『ITとweb』の専門家として活動中! ミラサポや保証協会に登録し、webコンサルタントとして企業の相談などを行っております(全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい) 制作では、販売促進に効果的なランディングページの制作も行っております!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

グーグルアドセンスを別のアカウントで取得していたのですが、

アナリティクスとの連携に不具合が生じたので、以前のアドセンスアカウントを

削除して、現在のアカウントで再取得しました。

以前も、今回もスムーズに取得できたので、

そのコツなどをまとめてみました。

Googe Adsenseとはなんぞや?

Google AdSense(グーグルアドセンス)は、Googleの提供している検索連動型広告およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称。

「コンテンツ向けAdSense」は、所有するウェブサイト(ブログでも可)に広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が得られる仕組みとなっている。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。例えば、ゴルフ関連のサイトならば、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。

初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。

引用元:Wikipedia(Google Adsense)

アドセンス側の立場から、推察する審査基準

まず、グーグルアドセンス側は、企業から広告料をもらっています。

アドセンスに申請してきたサイトが、その広告を掲載するに値するのかをチェックします。

その基準が甘いと、広告料を払ってもらっている企業に対する信頼を失うことにつながります。

一般ユーザーは、価値のないサイト(パクリや低品質)には無反応です。

検索に上がったとしても、1ページを見て、すぐに戻るボタンを押します。

サイトに訪問する人は、その人の記事や内容をみて、信頼できるページかどうかを確認します。

自分自身の行動をふり返ってみてください。

探したい情報が無かった場合、どうするかを。

その1 記事内容が薄い。。

現在、Google検索エンジンはキーワードよりも質の高いコンテンツ(サイトやブログ)を上位表示させています。

これは何を意味しているかというと、

Google検索エンジンの使命は、

ユーザーに『有意義な』そして『価値のある』サイトを『素早く』紹介することです。

例えば、3行などの日記や、しょうもない内容の記事をユーザーに紹介したくはありませんよね?

だって、それは自己満足に近いサイトですから、評価もされません。

記事を書く時も、ユーザーに対して書くということを注意していれば、

評価されますので。

先ほどのWikipediaの引用にもありましたように、コンテンツ(ブログなら記事)の数が3ページだけ

などのように極端に少ないと、そりゃ通りません。

アドセンスに登録する前に、記事を書きましょう。

1日1記事を目標に、20日もあれば受かるでしょう。

でもその1記事は、質の高いコンテンツであることはお忘れなく!

その2 記事や画像をパクらない!

記事をパクらないというのは当たり前のことです。

もしパクっている記事を使っている方は、オリジナルの記事に変えてください。

自分で考え、自分の言葉で記事にしてください。その方が、ユーザーにも心に響きますから。

また、オリジナルのコンテンツをGoogleも評価しています。

コンサル系のサイトでよく見かけるのが、

審査を通過するまで、画像を貼らない方が良いって書いている方がいますが

私のサイトゼロイチ.comでは、記事内に画像もめちゃくちゃ使っているし、記事ごとにアイキャッチも設定しています。

この状態で審査を通過できたので、画像が良いか悪いかは評価できません。

ただし、私が使っている画像は、

商用利用OKで無料の画像や自分で作成した画像を使っているので、

許可なく気に入った画像を使っている方は要注意です。

それはしない方が良いでしょう。

写真ACやpixabayなどは、無料で商用利用OKですので、差し替えてみてはいかがでしょうか?

以前フラットデザインの記事も書きましたので、参考までにこちらもどうぞ。

完全無料!フラットデザインを使って、サイトを色鮮やかできるサイト2選

その3 プロフィールやお問い合わせなどの情報が無い

グーグルアドセンスやユーザーがそのサイトを評価や信頼するかどうかってのは、

  • プロフィールがあるか
  • お問い合わせがあるか

この2つは大きいと思います。

記事はしっかりできているけど、プロフィールや運営者が不明な場合、

ユーザーにとって信頼できるサイトではないと思います。

本名などを出せない場合は、匿名でも大丈夫でしょう。

誰が運営しているか』ということをはっきりとしておきましょう。

また、お問い合わせも重要な要素の一つです。

運営者と連絡をとれる体制を作っているということは、

ユーザーにとっても信頼感がアップしますよね?

もし、アドセンス前にサイトを見てほしいという方がいらっしゃいましたら、

こちらからメッセージくださいね。お問い合わせ

まとめ

以上、『グーグルアドセンス|審査に受かる為の3つのポイント!ここを変えればいい』を紹介しました!

3つのポイント!

  • 質の高いコンテンツ(記事)を提供すること
  • オリジナルなコンテンツ著作権フリーな画像を使う
  • プロフィールお問い合わせなどの情報をつくる

ユーザー目線で考え、コンテンツ作成に取り組めば、

グーグルアドセンスの審査もそりゃ~通りやすくなりますよ!

ってことです。

おまけ

今回書いた記事は、検索エンジンの評価にもつながります

グーグルアドセンスの審査に通るということは、

Googleが認めたコンテンツ(サイトやブログ)ということになりますので、

必然的に、SEO対策にもつながります。

以上の事を忘れずに、ユーザーの為に良質なコンテンツを作成していきましょう!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。。

この記事があなたのお役にたてれば幸いです。

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
「webとITをもっと身近に。」 大分県日田市で『ITとweb』の専門家として活動中! ミラサポや保証協会に登録し、webコンサルタントとして企業の相談などを行っております(全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい) 制作では、販売促進に効果的なランディングページの制作も行っております!
詳しいプロフィールはこちら

Daiju.techで使ってる
ワードプレステーマはこれだ!

Daiju.techでは、エレファント購入者様限定で、無料にて設定作業を行っております。

Zoomと呼ばれるオンラインビデオチャットを使いますので、全国どこでも対応できます!

まずは、お気軽にお問合せ下さい。

Copyright© Daiju.tech , 2016 All Rights Reserved.