サイトリニューアルしました

   

Googleアナリティクスの勘違い!直帰率

 

今日は、Google analytics(以下アナリティクス)で気になった点を調べてみました。

アナリティクスを見ていて、素人が勘違いしやすい点

  • 直帰率が100%って、これってサイトに入って1秒も経たずに出て行ってしまったんじゃ?

ということは・・・

正直こういうふうに思ったことないですか?

ですが、ちょっと違うんですね。

そこで今回は、直帰率を調べてみましたので紹介しますね

先ずその前に

Googleアナリティクスとは

サイトのアクセス解析が無料でできる素晴らしいツールです。

訪問者数や行動などを解析できて、自分のサイトがどのような状態なのかを数値で示してくれます。

設置の方法には様々ありますが、今回はそれについての説明はいたしません。

直帰率とは

直帰率とは、1 ページしか閲覧されなかったセッション(ユーザーが閲覧を始めたページから他のページに移動することなくサイトを離脱したセッション)の割合です。

Googleアナリティクスヘルプ

ということは、直帰率に訪問した時間は関係していないということですね。

セッションとは

1回の訪問で1セッション。30分以内にサイト内の他のページに移動しても1セッションとなります。30分以上経過して、再度訪問した時は、新たなセッションとなります。

直帰率が高いということは訪問者が来て、そのページに

  • 情報が無かった
  • 満足した(そのサイトの他のページに行かなかった

と、考えられます。

直帰率が高いということは、

  • サイトの構成やデザイン

を主に考えないといけないでしょう。

訪問して、1秒も経たないうちに帰ることではないですねw

『直ぐに帰る率』=1ページしか見てない人の率

1秒以内に帰るのと違うしw

・・・

まとめ

直帰率とは

ページを訪問した人が、次のページに行かなかった訪問者率

100人訪問者がいて、100人サイト内のページへ移動しない場合

直帰率100%

直帰率を改善するには

サイト内のデザインや構成を見直すべし!

こんな感じでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回は、平均セッション継続時間を詳しく調べていきますね。

こちらもぜひご覧ください

Googleアナリティクスとはなんぞや?初心者に優しい読み方【アナリティクスの教科書】

この記事を書いている人 - WRITER -


活用されるIT・webサイトを提案しております。
Daiju.tech代表
webコンサルタント、webデザイナー、ITコーディネータ、診療放射線技師
ランディングページの作成を行い、SNS広告を活用し、販売促進に繋げることが得意です!
詳しいプロフィールはこちら

大樹