webデザインとワードプレスを勉強して稼いでみませんか?毎月1名限定のコンサル生募集中!

   

無料でわかる!サイトがスマホ対応になっているか確認するための判定ツール!その名もモバイルフレンドリー

 

この記事を書いている人 - WRITER -


大分県日田市で、webコンサルティング・web制作・ITコーディネータ業務を行っているDaiju.tech代表です。『人に経営に優しいIT活用』『売り上げに繋がるweb活用』を得意としています。また、ミラサポ・大分IT経営推進センターの専門家として派遣業務も行っております。

一人で悩まず、まずはご相談を(^^)

大樹

みなさまこんにちは!

今日は、自分のサイトがスマホ対応になっているかを判定するツールを紹介します!

無料で、しかもGoogleのツールを使いますので、調べてみましょう!

なぜ調べる必要があんの?

現在のGoogle検索アルゴリズム(検索順位を決定する要因)で重要なポイントが

サイトをスマホ対応にさせているかです。

スマホ人口が増え、現在はスマホで情報を収集したり閲覧する人が多くなっています。

自身のサイトを持っている方は、スマホ対応かどうか調べてみましょう!

どうやって調べるの?

今回紹介するツールは、

Google Developersの『モバイルフレンドリーテスト

を利用します。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

モバイルフレンドリー

Google developerツールのモバイルフレンドリー

操作は簡単?

中央の『ウェブページのURLを入力』にトップページのURLを入力し、『分析』をクリックします。

すると、分析が開始し、結果が表示されます。

モバイルフレンドリー分析結果

分析の結果が表示されます

モバイルフレンドリーでない場合は?

モバイルフレンドリー

モバイルフレンドリーでない場合は、このような表示になります

左側にダメな理由

右側に改善する方法が表示されますので、

参考にしてみてください。

CMSの項目で、Wordpressと最初に表示されるので、

GoogleもWordpressを認めているということですね!

まとめ

自身のサイトがモバイルに対応しているかどうかを調べるときは、

Google developersのモバイルフレンドリーを使いましょう!

やはり、ワードプレスでサイトを構築するのが一番だということです。

オススメです!

また、サイトの表示速度を調べたいときは、こちらのサイトもご覧くださいね

 

3つ目のグラフが重要!クロールの統計情報からわかるサイト表示速度【Googleサーチコンソールの教科書2016年度版】

以上、今回はGoogle developerモバイルフレンドリーを紹介しました!

最後までご覧いただきありがとうございました。

この情報が皆様のお役にたてれば幸いです。

Daiju.techでも使ってる
アクセスアップの新テーマ!

月間2万PVを達成した、

アクセスアップには欠かせない機能を満載したワードプレステーマ。

テーマ選びで迷っている方、必見です!

※今なら、無料サポート6ヵ月付き※

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -


活用されるIT・webサイトを提案しております。
Daiju.tech代表
webコンサルタント、webデザイナー、ITコーディネータ、診療放射線技師
ランディングページの作成を行い、SNS広告を活用し、販売促進に繋げることが得意です!
詳しいプロフィールはこちら

大樹

Copyright© Daiju.tech , 2016 All Rights Reserved.