Googleのツールを解説アナリティクスホームページ制作

ホームページの訪問者数や地域がわかるってホント?データを活かして経営に活かす!ホームページの活用方法

 

こんばんは。

株式会社Daiju.techの宮野です。

 

今日は、ホームページの制作についてビックリされた事を紹介したいと思います。

 

お客様とホームページの制作についての相談や打ち合わせを行わせていただいている時に、

 

ホームページを「何人見られているか」

見ている人が「どこの地域」の人なのかは、わかりますよ。

 

と言うと、ビックリされます。

 

今回は、ホームページの裏側について紹介していきます。

 

詳細については色々と調べれば情報は出てきますので、

大まかな事を紹介しますね。

 

これからホームページを作られる方や、すでに作られている方も、

 

「ホームページに訪問者を分析できるようにしてください。」

 

と、制作会社に相談されてみてはいかがでしょうか?

「コードの設定も結構簡単なので」←これは内緒ですw

 

分析するシステムは、Googleアナリティクスを利用!

 

簡単に使えるものは、

「Googleのアナリティクス」ですね。

これは、Googleアカウント(Gmail)を持っていれば、誰でも取得する事ができます。

 

Googleアナリティクスにログインして、コードを取得して、

ホームページに設定すれば、すぐにデータを閲覧する事ができます。

 

 

何のデータをみる事ができるの?

 

大まかに言えば、

・リアルタイムの訪問者データがわかる

・訪問者の基本属性がわかる

・訪問者の地域がわかる

・ホームページ内でのユーザーの行動がわかる

・ホームページの成果がわかる

などです。

 

リアルタイムの訪問者データがわかる

 

現在の訪問者の状況を表示する事ができます。

 

 

日本全国どこから閲覧されているかの情報もわかります。

 

 

訪問者の基本属性がわかる

 

ホームページの訪問者や、閲覧されたページ数など、期間ごとに閲覧する事ができます。

 

 

 

訪問者の地域がわかる

 

訪問者の市区町村データも閲覧する事ができます。

 

 

ホームページ内でのユーザーの行動がわかる

 

一番最初に見たページや、次に移動したページなど、訪問者の行動も分析する事ができます。

 

ホームページの成果がわかる

 

ボタンや、ダウンロードできる資料など、どれくらいクリックされたかなどのデータも閲覧する事ができます。

 

まとめ

 

ホームページの分析を定期的に行う事で、

現状の把握や、これからの戦略も立てやすくなります。

 

例えば、ボタンのクリック数が少なければ、文言を変えてみたり、ボタンの色を変えてみたり。

 

数字データがわかることで、より進んだ会議を行う事ができます。

 

これを会社の経営に活かすことは、経営者にとって重要なことなのではないでしょうか?

 

やはり、感覚経営ではいけませんね。

 

株式会社Daiju.techでは、

アナリティクスレポートの作成も行なっています。

経営会議の資料にいかがでしょうか?

 

独自レポートを提出するだけでもできますし、専門家が分析をして一緒に戦略を立てることも可能です。

まずは、下記よりお気軽にお問い合わせください。

https://daiju.tech/contact

※お問い合わせされた方には、レポートサンプルをプレゼント中です。

 

 

 

皆様の経営のお役に立てれば幸いです。

 

The following two tabs change content below.
「HITAをITの中心に。」 大分県日田市で『ITとWEB』の専門家集団の株式会社Daiju.techの代表取締役。 作って終わりではないサービス提供をモットーに、 ホームページの制作、ITシステムの構築・運用、企業コンサルティング、ランディングページ制作やWEB広告などのデジタルマーケティング、パソコンの構築やネットワーク環境の構築のITインフラ事業や、チラシやポスターなどネット印刷などを利用した印刷物の制作も行なっています。 みんなの居所「WAKATAKE」の運営や、日田のまちづくりを行う会社、合同会社HITALIVEの代表もやってます。 まちづくり集団ヒタトーークのメンバーでもあります。