ホームページ制作

あなたのホームページ、スマホ対応になっていますか?スマートフォン対応でなければ損する2つの理由

 

こんにちは。

大分県日田市でホームページの制作、ITシステムの構築を行っている

株式会社Daiju.techの宮野です。

 

今回は、ホームページの制作で気になるポイントを紹介します。

 

突然ですが、

あなたのホームページ、

スマートフォンに対応したホームページになっていますか?

 

なぜスマートフォンに対応していなければいけないのでしょうか?

 

スマートフォン利用の現状を知ろう!

 

下記の図は、スマートフォンの利用率をグラフ化したものです。

 

https://marketing-rc.com/article/20160731.html より引用

 

2019年2月時点で、85.1%で80%を超えています。

 

次に、世代別ではどうでしょうか?

 

https://marketing-rc.com/article/20160731.html より引用

 

世代別に見ると、10代・20代・30代の方は、スマートフォンの利用率が90%以上!

 

若い世代のほとんどの方が、スマートフォンを利用しているという現状です。

 

情報検索もパソコンよりもスマートフォンを利用している

 

調べたい情報があるとき、スマホからWEBサイトを開き、情報を探します。

若い世代だと、ツイッターやインスタグラムなどのSNSから情報を探しています。

 

その1.企業の情報もスマートフォンから探されている

 

良い人材を獲得したい!と思っている企業の方も多いはずです。

 

例えば、ハローワークで就職してみたい企業を見つけたとします。

この場合、次に取る行動は、スマホで企業を調べることです。

 

となった場合、スマートフォン対応の企業ホームページだと、

古臭い印象を与えてしまい、そこから応募するという行動にはなかなかうつらないわけです。

 

良い人材からお問い合わせをもらうためにも、

会社の顔であるホームページは、

スマートフォン対応にしなければいけません。

 

その2.検索結果にも影響するモバイルフレンドリー

 

Googleでも、

ウェブサイトをモバイル フレンドリーにする理由

というページで解説しています。

 

モバイル フレンドリーでないサイトは、モバイル デバイスでは見づらくて使いにくいことがあります。そのようなサイトでは、コンテンツを読むためにピンチやズームなどの操作が必要になります。こうしたことに不満を感じたユーザーは、サイトを離れてしまう可能性があります。これに対し、サイトがモバイル フレンドリーであれば、コンテンツが読みやすく、すぐに利用できます。

ウェブサイトをモバイル フレンドリーにする理由

 

Googleの役目は何でしょうか?

 

情報を検索する人に、

役に立つ情報をいち早く提供すること

です。

 

ユーザーが不快に感じた見にくいホームページは離脱率が高いというデータに基づいて、モバイルフレンドリーをオススメしています。

逆に言えば、ユーザー目線で考えられているホームページが優先されます。

 

優先される情報は、

スマートフォンやタブレットなどのデバイスに応じた見やすいホームページなんです。

 

パソコンでは、パソコンに合った表示。スマートフォンにはスパートフォンに合った表示。

これをレスポンシブと言います。

弊社でも利用しているホームページ制作のシステム「ワードプレス」であれば、レスポンシブにも対応しており、

スマートフォンにも対応したホームページの制作を行うことができます。

 

スマートフォンにも対応したホームページの制作をご希望の方は、下記よりお問い合わせください。

https://daiju.tech/contact/

 

過去の制作させていただいたホームページは、制作実績からもご覧いただけます。

https://daiju.tech/production/

The following two tabs change content below.
「HITAをITの中心に。」 大分県日田市で『ITとWEB』の専門家集団の株式会社Daiju.techの代表取締役。 作って終わりではないサービス提供をモットーに、 ホームページの制作、ITシステムの構築・運用、企業コンサルティング、ランディングページ制作やWEB広告などのデジタルマーケティング、パソコンの構築やネットワーク環境の構築のITインフラ事業や、チラシやポスターなどネット印刷などを利用した印刷物の制作も行なっています。 みんなの居所「WAKATAKE」の運営や、日田のまちづくりを行う会社、合同会社HITALIVEの代表もやってます。 まちづくり集団ヒタトーークのメンバーでもあります。