基礎講座

画像検索で迷ったら、画像ファイルの種類を検討してみよう【初心者の画像基礎知識】

皆さまこんにちは。

ブログ作成や、職場でのプレゼンで画像編集をしたりするときに、画像のデータ量や、色彩で悩んだことはありませんか?

契約サーバーでは容量が決まっていて、知らず知らずに画像のデータ量が多くなって、ファイルサーバーがいっぱいになったり

PowerPointを使っていて、画像データが重すぎて、プレゼンに使用するパソコンがスペック低い時は、動きが遅くなったりしますよね。

今日は、初心者の基礎知識として、主に使用されている画像ファイルの種類について紹介いたします。

画像ファイルとは

正式には、画像ファイルフォーマットといいます。

画像ファイルフォーマット

画像ファイルフォーマット(がぞうファイルフォーマット)は、画像のファイルフォーマットのことである。

引用元:Wikipedia

Wikipediaでは、そのまま伝えていますとおり、画像のファイルフォーマットですw

このサイトでは、比較一覧も載っていますので参考にしてください。(フォーマットの量が多いですが)

ところで、ファイルフォーマットって気になりませんか?

これは、保存した時の決められた形式のことです。

officeソフトで、Wordを保存する時は「ファイル名.docx」Excelを保存した時は「ファイル名.xlsx」などのように

このファイルを決められた形式で保存しましょうね~っていう決まりですね。パソコンがそこを見て、

そのファイルがどんなものかを認識するためのもの

ということです。そうです拡張子です。

今日は、初心者がよく使う2種類の画像を比較してみたいと思います。

用途によって使い分けが必要ですので、注意してくださいね

比較する画像はこちら

  • JPEG
  • PNG

まずはJPEG!

デジカメが普及して、よく聞く言葉になりました。

画像ファイルフォーマットで、ファイル名.jpgというのも同じ意味です。

昔は、拡張子が3文字までということもあって、それが今でも残っているのです。

そもそもJPEGとは

JPEG

JPEG(ジェイペグ、Joint Photographic Experts Group)は、コンピュータなどで扱われる静止画像のデジタルデータを圧縮する方式のひとつ。

またはそれをつくった組織 (ISO/IEC JTC 1/SC 29/WG 1, Joint Photographic Experts Group) の略称であり、アクロニムである。

JPEG方式による画像ファイルにつけられる拡張子はjpgが多く使われるほか、jpeg等が使われる場合もある。

一般的に非可逆圧縮の画像フォーマットとして知られている。

引用:Wikipedia

JPEGの特徴は?

  • 圧縮率が高く、フルカラー(約1,677万色)の画像が扱える。
  • 上書き保存をするほど、画質が劣化していく。

圧縮率と画質劣化の関係は、画像の保存形式が、非可逆圧縮方式なので、データを圧縮すると、元には戻らないのです。

ここで、非可逆圧縮と可逆圧縮を比較してましょう。

非可逆圧縮

非可逆圧縮

 

 

 

 

引用元:http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~takayuki/kyouzai/contents/contents-waku/w-hika-asshuku.html

可逆圧縮

可逆圧縮

 

 

 

 

引用元:http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~takayuki/kyouzai/contents/contents-waku/w-ka-asshuku.html

今日は詳しく説明しませんが、保存する際の圧縮作業で、余分なデータを切り取ってしまうために

画像が劣化するのです。

こんな時にJPEGを使おう!

容量と画質に注意しながら、写真のデータを小さくする場合

続いてPNG!

ブログ運営などやっていると、よく見かける画像ファイルフォーマットです。

そもそもPNGとは?

Portable Network Graphics

 Portable Network Graphics(ポータブル・ネットワーク・グラフィックス、PNG)はコンピュータでビットマップ画像を扱うファイルフォーマットである。
圧縮アルゴリズムとしてDeflateを採用している、圧縮による画質の劣化のない可逆圧縮の画像ファイルフォーマットである。

1996年に登場し、可逆圧縮の画像フォーマットとして既に普及していた GIF に対しネットワーク経由での使用を想定した機能や透過処理など、多くの機能をサポートした。

ウェブブラウザやグラフィックソフトでのサポートも進み、インターネットを中心に普及した。

引用元:Wikipedia

ビットマップ画像なので、8bitと24bitの画像を選択でき、

8bitの場合は、256色

24bitの場合は、JPEG同様フルカラーで表示できます。

PNGの特徴は?

  • データを完全に復元できる
  • 透過処理ができる

可逆圧縮のため、画像が劣化せず、画素に対して、透過情報も付け加えられるため

透過処理もできるようになります。が、可逆圧縮のため、画像データも大きくなるので注意が必要です。

PNGの使いどころ!

イラストや、ロゴなどに使いましょう。

JPEGだと、圧縮した時にノイズが目立つので。

もともと、圧縮をしないため、写真などの画像では容量が大きくなってしまいますので、

比較的小さい、イラストやロゴでは、容量を気にせず使うことができます。

加工で、上書きを繰り返す作業が多いため、画像の劣化のない、PNGのほうが綺麗なままですよね。

比較表

JPEGPNG
保存方法 非可逆圧縮可逆圧縮
画質の劣化ありなし
同一画像のサイズ小さい大きい
用途写真イラスト・ロゴ

まとめ

以上のことをふまえ、

JPEGでは、写真

PNGでは、イラスト・ロゴ

というように使っていきましょう。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。