コンバージョン率を上げる!ランディングページ改善メソッド 無料E-book配布中!
2016年版|WordPressプラグイン『All in One SEO Pack』設定の教科書 | Daiju.tech

   

2016年版|WordPressプラグイン『All in One SEO Pack』設定の教科書

 

All in One SEO Packの設定方法(ホームページ設定)

WordPressのプラグインでSEO対策が簡単にできる

『All in One SEO Pack』

プラグインも更新や、検索エンジンのアップデートもあり、以前の設定とは

違っている部分がありますので、詳しく紹介していきます。

インストールと有効化

まずは、All in One SEO Pack をインストールして有効化しましょう。

ダッシュボードにあるメニューから、プラグイン 新規追加をクリックします。

検索枠に

『 All in One SEO Pack 』

と入力して、インストールします。

インストールしたら、有効化しましょう。

現在のバージョンは、2.3.4です。(2016年4月16日現在)

※テーマとの相性もありますので、更新は慎重に自己責任で行ってください。

一般設定(General Settings)

All in One SEO Pack が正しく有効化されると、左のダッシュボード下に「All in One SEO」が追加されます。

クリックすると、下層にメニューが表示されるので、『 一般設定 』をクリックしましょう!

All in One SEO Packメニュー

メニュー表示

 

トップページの『タイトル』『メタディスクリプション』『キーワード』を設定します

まずは、トップページの

  • ホームタイトル
  • ホームディスクリプション
  • ホームキーワード

を入力します。

検索エンジンに反映

検索エンジンに反映された設定

これは、検索エンジンの検索結果に表示されるところで、投稿にも個別に設定が必要となってきます

ここではトップページに関する設定を行います。

入力する部分は、ホームページ設定から行います。

All in One SEO Pack ホーム入力

All in One SEO Pack ホームページ設定

ホームディスクリプションは、どのようなサイトなのか理解しやすいよう、まとめや概要などを記入しましょう。

ホームキーワードは、数多く設定する必要はありません。多くても3つほどで大丈夫です。

※最近の検索エンジンは、キーワードよりもサイトの質を重要視しています。

ワードプレスの一般設定にも同様の設定がありますが、All in One SEO Pack の設定の方が優先されます。

設定の確認方法(ブラウザ:Google Chrome)

右クリックソースを表示

右クリックから『ページのソースを表示』を選択

ページのソースが別のタブで表示されます。

以下で設定が反映されているか確認してみましょう。

ページソース表示

ページソース表示

今日は、ここまでです。

次回は、Google SearchConsole(旧ウェブマスター)の設定を行っていきましょう。

SearchConsoleの設定では、SearchConsoleへの登録が必要です。

以下の記事を参考にしていただき、登録を済ませておいてください。

※最初に読んでいただいてほしい記事は、虫眼鏡マークの『設置編』です。

custom_gallery
画像が見つかりません。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

この情報が、あなたのお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

Daiju.techで使ってる
ワードプレステーマはこれだ!

ブログ記事のカテゴリー

Copyright© Daiju.tech , 2016 All Rights Reserved.