プログラミング言語の初心者にオススメ!CodeCampの体験レッスン受講の話

皆様こんにちは。

今日は、先日体験レッスンをしてきたのでその詳細を詳しく紹介しますね。

前回、格安でCodeCampを受講する方法を紹介しまして、

もちろん私もその方法で体験レッスンを受講してきました!

前回の記事は、オンラインスクールの体験レッスンを予約するところまででしたが、

今回は受講完了までの流れを紹介します。

受講するまでに、色々ドタバタがありまして、その受講体験記としてまとめてみましたw

CodeCampを格安で受講したい方は、前の記事を参照してくださいね

プログラミングスクール【Codecamp】に格安で入校する方法|転職にもぴったり

受講前の準備

Codecampのオンラインスクールは、

Googleのハングアウトを利用して行われます。

ですので、GoogleChromeの拡張機能として、GoogleハングアウトをChromeに追加しなければなりません。

導入されていない方は、Chromeを開いて、こちらからどうぞ

Chrome拡張機能『Googleハングアウト』

short essay about discipline in school argument essay about hunting animals example body paragraph literary essay application letter example for accountant india essay in english easy essay converter free essay writing chinese new year environmental health application letterChrome拡張機能
アプリではなく拡張機能のハングアウトを追加しましょう

ハングアウトには、Googleアカウント(Gmail)も必要になりますので、取得されていない方は

こちらも参考にしてください。

わずか3クリックで、誰でも簡単にできる!Gmailの取得方法

あとは、周辺機器で必要なものは、

  • Webカメラ
  • マイク
  • イヤホン

があると便利です。

Webカメラは、ノートPCであれば付いているので、それを使うと良いでしょう。

オンラインスクールでは、講師の方がこちら側のモニター画面を見て、記述等のレクチャーをするので、

高解像度の物は必要ありません。

それと、普通なら授業中に顔出しはありません。

私はトラブルが多かったので、顔出しが非常に多かったですw

マイクは、音声チャット用で持っていたので、それを使いました。

本格的に受講するのであれば、耳に優しい物がオススメです。

ハングアウトの準備

Chromeの拡張機能でハングアウトを追加したら、右上にハングアウトのアイコンが出てきます。

ハングアウト拡張機能アイコン
緑のアイコンです

そこをクリックしましょう。

すると、ハングアウトが起動します。

不安でしたら、2つのGmailを使って、スマホとPCでチェックするのもいいかもしれません。

私は、トラブルが多くて、受講直前までテストしてましたw

ハングアウトがうまく起動しないときはここをチェックしてみて!

  • 拡張機能を追加したら、ブラウザの再起動を行う
  • それでもダメな場合は、パソコンを再起動してみる。
  • それでもダメな場合は、Google Chromeを再インストールしてみる

以上3つで、おおかたは解決できそうです。

解決できない場合は、Codecampの事務局に質問しても良いと思います。

Codecampの体験レッスンを予約すると、受講時刻と同時に、レッスン開始をクリックすると、ハングアウトが起動します。

ハングアウトが起動すると、右上にある『点が三つ縦に並んだボタン』をクリックすると、メニューが出てきます。

ハングアウトメニューボタン
右上にマウスを移動すると出てきます

そこから、『画面を共有』を選択します。

画面共有メニュー
画面を共有をクリックします

画面を共有をクリックすると、どの画面を選択するかの選択欄が出てきますので、

Codecampのダッシュボードを開いているブラウザを選択しましょう。

画面共有の選択一覧
ビデオハングアウトを選択して共有をクリック

以上がレッスン開始までの流れです。

後は、講師から色々教えてもらえますので、安心です。

レッスン受講前はここを確認!

  • イヤホンマイクのプラグを逆に差し込んでいないか!
  • パソコンの音量がミュートになっていないか!
  • ハングアウトにマイク、イヤホン、カメラが認識されているか!

以上を確認すれば、たいていのミスは防げるかと。

受講内容について

体験のコースによって違うと思うのですがw

体験レッスンの時間は、40分です。長いようで短い!

わたくし実は、3回もレッスンを受けてしまいましたw

  • 1回目は、ワードプレス(音声のみw)
  • 2回目は、Bootstrap(画面真っ暗で、音声も聞こえずT T)
  • 3回目は、Bootstrap(前半5分ほどミスw)

1回目は、音声のみの授業でしたw画面の共有ができず、音声で説明をしていただきました。

別のメルアドで登録しなおして、次へ。。

2回目は、まったく真っ暗で、音声も、画面も聞こえず、設定を確認しながらも時間が終了。。

なにもできないまま、40分終了でした。

事務局に連絡し、再度受講できるようになりました。

3回目は、しょっぱな講師とビデオで顔は見れるのですが、音声が聞こえず!

ジェスチャーで会話しながらも設定に不備が無いか確認すると、

マイクとスピーカーのジャックが逆に!

急いでつなぎ変えても声が聞こえず。。

焦っていましたw

講師も落ち着いた様子で。。

私も落ち着いて、音声に関する設定を確認すると、

パソコンの音声が、ミュートになっていました!

講師曰く、良くあることみたいですw

気を取り直して、早速レッスンへ。

レッスン内容は、わかりやすくとても丁寧でしたよ。

体験レッスンの受講者には、Codecampの話などもしなければならないので、実際作業している時間はわずかですが。

実際にハングアウトを使った受講時間は、8回(1回40分)

しかも2ヵ月以内で。(Bootstrapのコースです)

Bootstrap
HTMLとCSSの知識は必要です。

Codecamp受講のコツ

私が思ったのは、

ハングアウトを使う時間は限られているので、そこで1から教えてもらうのではなく、

質問にあてる事

でしょうか。

初心者がコード打ち込んでたら、40分なんてあっという間ですから。

各コースの最後に、課題の提出があって、添削などもしてくれます。

Bootstrapのコースの期間は、2ヵ月(60日)です。

その期間までに8回のオンライン授業(質問)と課題提出を行わないといけないようです。

お金を払えば、期間は延長できるそうですよ。

ワードプレスの場合、参考書の購入が必須みたいです。

参考書はこちらです。

[amazonjs asin=”4844337092″ locale=”JP” title=”いちばんやさしいWordPressの教本 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 第2版 WordPress 4.x対応 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)”]

ワードプレスのテーマに、Bizvectorを使って、最終課題を作るみたいです。

私は、このサイトを作っている以上に学ぶものはないと判断したので、Bootstrapを受講しましたw

ワードプレス初心者で、企業ページなんかを作る方にはオススメかもしれません。

一番値段も安いですから。

まとめ

これから、スキルアップや、転職を考えている方にはオススメです!

あと、新入社員に負けたくない人もw

用意するのは、

  • Googleハングアウト
  • マイク
  • イヤホン
  • Webカメラ

です。

ハングアウトが認識できないときは、

  • 再起動、再インストール
  • 音声に不具合がある場合は、端子とスピーカーの確認

今回体験してみて、時間が無い方にはもってこいの学習サービスではないでしょうか?

プログラミングを学ぼうという方の第一歩ではないでしょうか?

私も、色々と本で勉強してきましたが、わからないことが多く、やはり直接専門家に聞けるところが素晴らしい。

少ない時間を有効に使いたいなら、

Codecampがオススメです!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この情報があなたのお役にたてれば幸いです。