Googleって、サイト情報をどうやって調べてるの?Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【仕組み編】

 
searchconsole仕組みアイキャッチ

この記事を書いている人 - WRITER -


大分県日田市で『ITとweb』の専門家として活動中!
ミラサポや保証協会に登録し、webコンサルタントとして企業の相談などを行っております(全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい)
制作では、販売促進に効果的なランディングページの制作も行っております!

宮野大樹

この記事を書いている人 - WRITER -
大分県日田市で『ITとweb』の専門家として活動中! ミラサポや保証協会に登録し、webコンサルタントとして企業の相談などを行っております(全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい) 制作では、販売促進に効果的なランディングページの制作も行っております!
詳しいプロフィールはこちら

皆様こんにちは!

今日は、Googleがどうやって皆さんの作ったサイトをどうやってサイトとして認識しているか、

また、その情報をどうやってユーザーの検索結果に反映しているかを

紹介したいと思います。

Googleのサーチコンソールを使うにあたって、とても重要な事ですので、理解しておきましょう。

皆さん、GoogleやYahooで検索されたことはあると思います。てか、ここへたどり着いた人は、見てますよねw

インターネットブラウザを開いて、探したい情報を入力して、その結果が反映される。

その情報一覧を元に、問題を解決したかったり、情報を取得するために、サイトにアクセスしますよね。

Googleの使命は、ユーザーの皆さんが検索したキーワードにマッチしたサイトの情報を、いち早く表示すること!

なんですね。

なので、検索窓の下に、『サイト数』と『~秒』という結果も表示されています。

この表示をいかに早く出すか。また、検索したユーザーに有意義な情報提供のできるサイトを表示しています。

最近、検索している途中に結果が表示されるようになりましたねw

Googleの収入源は広告収入です。入力の途中に、サイト表示されると、広告収入が減るのでは!

という議論がGoogle社内でも起こっていたのですが、そこは世界のGoogle。

ユーザーの為になる情報を早く表示しなければ!とういう使命の為に、検索ボタンを押す前に結果を表示するようにしたようです。

今回は、Google検索エンジンのやっていることについてです。

Googleサーチコンソールをマスターするためにも、検索エンジンの仕組みを理解しておきましょう!

Googleは世界各国でできるサイトの情報を集めている

Googleは、ユーザーの探したい結果をすぐに出せるように、サイトの情報を収集しています。

これは、人の手でやっているのではなく、プログラムを使ってやっています。

そのプログラムを『クローラ―(Googlebot)』と呼ばれています。名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか?

まずは、そのクローラー(Googlebot)の紹介から、検索結果反映まで。

サイト情報を収集して保管しています!クロールでw

世界で毎日更新されているサイトの情報をクローラー(Googlebot)で収集しています。

世界中でクロールしてますw

泳いでますw

収集してます!情報を。

ドーバー海峡なんて楽勝ですw

サイト情報の収集

サイトの情報をクロールして集め、データベースとして保管しています。

サイト間へのクロールは、サイトのリンクをたどって移動しています。

そこで、クローラーは

  • どんなタイトル(テーマ)か
  • キーワードは何か
  • リンクはどのような流れになっているのか
  • その情報は新鮮か

など、Googlebotのプログラムに合わせて、200ほどの基準があるといわれています。

その集めた情報を、収集してデータベースに保管しています。(それも機械的に判断していそうですが)

この流れが、インデックスです。

検索するって事は、データベースに集められた情報へアクセスしている

ユーザーが検索して表示されている情報は、Googlebotの集めた情報を元に、サイトへアクセスしているということです。

データベースへ検索

Googlebotの集めた情報へアクセスしています。

データベースの中には、

  • タイトル(テーマ)
  • キーワード
  • サイトへのリンク
  • サイト情報の新鮮度

などなど、Googlebotの集めた情報を元に、ユーザーに有意義なデータを表示しています。

ここで、忘れてはいけないことは、

情報を集めたの情報は、プログラミングで集めた機械的な情報ですが、

判断するのは、人間だということです。

機械的に良いサイトだとしても、人間が判断してダメなサイトは、すぐに離脱しますし、直帰率も高いということです。それでは人は集まりません。

コピペのサイトは最悪だということを忘れずにw

あと、直帰率という言葉がわからなければ、こちらをご覧ください。

Googleアナリティクスの勘違い!直帰率

まとめ(Google検索エンジン)

今日は、Google検索エンジンについてお伝えしました。

  • Googleのサイト情報の収集方法
  • ユーザーへの情報の表示方法

Googleのサーチコンソールをマスターするうえで、しっかりと覚えておきましょう。

もっと深く知りたい方は、Google先生への質問をお願いいたしますw

ここから、お問い合わせでもOKですよw

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この情報が皆様のお役にたてれば幸いです。

次回は、クロールをさせる方法を紹介したいと思います。

ここへ最初にたどり着いた人は、こちらのページからご覧ください。

サーチコンソールの設定方法を詳しく紹介しています。

せっかく作ったそのサイト、検索エンジンに知らせてますか?Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【設置編】

それでは、また!

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大分県日田市で『ITとweb』の専門家として活動中! ミラサポや保証協会に登録し、webコンサルタントとして企業の相談などを行っております(全国どこでも出張可能です!まずはお気軽にお問合せ下さい) 制作では、販売促進に効果的なランディングページの制作も行っております!
詳しいプロフィールはこちら

Daiju.techで使ってる
ワードプレステーマはこれだ!

Daiju.techでは、エレファント購入者様限定で、無料にて設定作業を行っております。

Zoomと呼ばれるオンラインビデオチャットを使いますので、全国どこでも対応できます!

まずは、お気軽にお問合せ下さい。

Copyright© Daiju.tech , 2016 All Rights Reserved.