sample application letter for appraisal argumentative essay about covid 19 definition of terms in business plan cnn algorithm research paper ugliness essay simplified application letter sample jpa thesis elaunFetch as Googleアイキャッチ

Googlebot(クローラー)をサイトに呼ぶ方法!Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【呼び込み編】

皆様こんにちは!

今回は、Googlebot(クローラー)をサイトに呼び込む方法を紹介したいと思います。

この教科書は、シリーズでお届けしていますので、サーチコンソールの設置方法や、Google検索エンジンの仕組みがわからない方は、こちらを先にご覧ください。

Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【設置編】

Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【仕組み編】

GoogleはGooglebot(クローラー)というプログラムを使って、全世界のサイトをリンクをたどって泳いでいます。(情報収集)

そして集めた情報をデータベースに収集しています。

この一連の流れが、インデックスさせるということです。

それではまいりましょう!

クローラーを呼び込む!(目的)

今回は

クローラーを確実に、自分のサイトに来てくれるよう呼びかけ、インデックスさせる

ことが、目的です。

使うのはこれ!『Fetch as Google』

その方法は、サーチコンソール内にある『Fetch as Google』を利用します。

イメージとしてはこんな感じです。交通整理員が『Fetch as Google』となります。

Fetch as Googleのイメージ
Fetch as Googleのイメージ

Fetch as Googleの設定方法

サーチコンソールへ移動

まずは、お使いのブラウザからサーチコンソールの画面へ移動します。

※Googleのアカウント(Gmail)が必要となりますので、ログインしておいてください。

Googleのアカウント(Gmail)を取得されていない方は、こちらを参照してください。

わずか3クリックで、誰でも簡単にできる!Gmailの取得方法

サーチコンソールの設定がまだな方はこちらを参考にしてください。サーチコンソールの設定方法をわかりやすく紹介しています。

せっかく作ったそのサイト、検索エンジンに知らせてますか?

次に、呼び込みたいのホームページのURLをクリックし、サーチコンソールのダッシュボードへと移動します。

ダッシュボードからFetch as Googleへ移動

ダッシュボードへはサイト名をクリックしたら移動します。

ダッシュボードへの移動方法
サーチコンソールのダッシュボードへは、サイトURLをクリックして移動します。

次に、左のメニューの『クロール』から、『Fetch as Google』を選択します。

クロールからFetch as Googleを選択
メニューのクロールからFetch as Googleを選択しましょう

すると、Fetch as Googleの画面に移動します。

サイトの情報を取得(クロール)して、インデックスさせる

Fetch as Google画面へ移動したら、URLを入力します。

  • サイト全体をクロールさせる場合は、URLの横は、空白です。(オススメ
  • 特定のページをクロールさせたいときは、特定のURLを入力しましょう。

次に、赤いボタンの『取得』をクリックします。

Fetch as Google画面
Fetch as Googleの画面へ移動したら、取得をクリックします。

サイト情報を取得(クロール)させたら、『インデックスに送信』をクリックします。

クロール完了
クロールが完了したら、次にインデックスへ送信をクリックしましょう。

インデックスに送信する場合、確認画面が表示されますので、

  • ロボットではない
  • このURLと直接リンクをクロールする(オススメ)

にチェックを入れて、『送信』します。

インデックス確認画面
インデックスに送信する前に、チェックをします。

送信が完了したら、『インデックスに送信』が『インデックスに送信されたURLとリンクページ』へと変わります。

インデックス送信完了
インデックスへの送信が完了した場合の表示です。

以上が、自身のサイトを確実にクロールさせ、さらにインデックスする方法です。

これは、サイトを作った場合、必ず行っておきましょう。

さまよっているクローラーを確実に誘導できる方法ですので。

まとめ(Fetch as Googleを使って、クローラーを呼び込む方法)

今回は、Fetch as Googleを使って、自身のサイトにGooglebot(クローラー)を呼び込む方法を紹介しました。

  • サーチコンソールからFetch as Googleへ移動
  • サイトをクロールさせる
  • クロールした情報をインデックスさせる

サイトを作成したあとのとても重要な事ですので、ぜひやっておいてくださいね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

この情報が皆様のお役にたてれば幸いです。

それではまた。

サーチコンソールの教科書シリーズはこちら

Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【設置編】

Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【仕組み編】