webデザインとワードプレスを勉強して稼いでみませんか?毎月1名限定のコンサル生募集中!

   

パソコンとスマートフォンの利用者数から見えた!『有効な広告は!』

 

この記事を書いている人 - WRITER -


大分県日田市で、webコンサルティング・web制作・ITコーディネータ業務を行っているDaiju.tech代表です。『人に経営に優しいIT活用』『売り上げに繋がるweb活用』を得意としています。また、ミラサポ・大分IT経営推進センターの専門家として派遣業務も行っております。

一人で悩まず、まずはご相談を(^^)

大樹

こんにちは!ゼロイチです(@0zero1ichi

一家に一台。

一人に一台。

昔は、テレビやパソコンに言われていた言葉でしたが、

現在はスマートフォンに言われるようになってきました。

広告戦略も日々変わってきている事が実感できます。

 

これから、個人事業者がWEB広告を展開する上で、知っておかなければならないことを

データから調べてみました!

そこでわかったこと、それは

[voice icon=”http://xn--eck4bq8o.com/wp-content/uploads/2016/06/503AE9F3C1CFA2AA-3040183C805D95CC.gif” name=”ゼロイチ” type=”l”]スマートフォンアプリ広告が有効[/voice]

ということです。

まずは、Webの現状を把握しておきましょう!

 

パソコンからの利用者の推移を比較

2015年 パソコンからの利用者数TOP10

図表1:2015年 日本におけるパソコンからの利用者数TOP10

20151215_001.jpg

引用元:ニールセン

 

2014年 パソコンからの利用者数TOP10

図表2:2014年 日本におけるパソコンからの利用者数TOP10
20141216_01.jpg

引用元:ニールセン

 

パソコン利用者数からみた考察

2015年、2014年ともにTOP3は変わらず。

パソコンの利用者で、Yahooの利用者が多いのは、

会社などにあるパソコンのインターネットブラウザのホームに、

Yahooが設定されているからではないかと推測されます。

あなたの会社や自宅のパソコンはいかがでしょうか?

 

パソコン利用者数は、年々利用者数は減っていて、

Yahooでは、月間200万人以上

Googleでは、月間280万人以上

減少しています。

 

スマートフォンからの利用者の推移を比較

2015年 スマートフォンからの利用者数TOP10

図表3:2015年 日本におけるスマートフォンからの利用者数 TOP10

20151215_002.jpg

引用元:ニールセン

 

2014年 スマートフォンからの利用者数TOP10

図表4:2014年 日本におけるスマートフォンからの利用者数 TOP10

20141216_02.jpg

引用元:ニールセン

このスマートフォンからの利用者数は、ブラウザとアプリからの利用者の数を表しています。

 

スマートフォンからの利用者数での考察

2015年、2014年ともにTOP5は変わらず。

Googleが1位ということですが、

iPhoneのデフォルトの検索エンジンがGoogleということも

影響しているのではないかと考えられます。

対昨年増加率を見ると、2015年は増加率が減少していますが、

全体的に増加している事がわかります。

 

スマートフォン利用者数は、年々増加していて、

Yahooでは、月間570万人以上

Googleでは、月間600万人以上

増加しています。

 

スマートフォンアプリの利用者の推移を比較

2015年 スマートフォンアプリ利用者数TOP10

図表5:2015年 日本におけるスマートフォンアプリ利用者数 TOP10
20151215_003.jpg
引用元:ニールセン

 

2014年 スマートフォンアプリ利用者数TOP10

図表6:2014年 日本におけるスマートフォンアプリケーション利用者数 TOP10

20141216_03.jpg

引用元:ニールセン

 

スマートフォンアプリ利用者数からの考察

2015年、2014年ともにTOP4は変わらず。

LINE以外の上位を、Googleが占め、いかに利用率が高いかがわかります。

※youtubeもGoogleが展開しています

これも、スマートフォン同様に、全てにおいて対昨年増加率は増加しているのがわかります。

 

スマートフォンアプリの利用者数も、年々増えていて、

LINEでは、月間553万人以上

Google Playでは、月間167万人

増加しています。

 

パソコン、スマートフォン共に、GoogleやYahooが上位を独占していますが、

その広告の現状はどうなっているのでしょうか?

検索エンジンでよく目にする、検索連動型広告を例にとってみていきましょう。

パソコンとスマートフォン利用者数上位の『Google』と『Yahoo』の検索連動型広告の違い

 

検索連動型広告とは、検索ユーザーの検索キーワードにヒットさせた広告です。

検索結果の上や右に、『広告』として表示されているもので、リスティング広告の一種です。

GoogleとYahooの広告連動型広告の違い

GoogleとYahooの広告連動型広告の違い

上の画像からもわかるように、

2016年2月よりGoogleが、検索連動型広告を減少しました。

その理由は、今までのデータからもわかるように、

 

パソコン利用者の減少

    と

スマートフォン利用者の増加

 

が影響していることがわかります。

Google、完全にスマートフォン利用者をターゲットにしています。

Googleは、検索キーワードの入力途中でも、検索結果が表示されるので、

ユーザー目線な企業なので、個人的には好きですがw

 

このことからいえるのは、

Googleの検索連動型広告を出す場合、

少ない広告スペースとなったことにより、

 

広告の競争率が高くなり、

広告費も高くなります!

 

YahooはGoogleの検索システムを使っているので、

そのうち同じようになるとは思いますが、

パソコンの利用者数もまだまだ多いので、

検索連動型広告のスペースが減少するのは、まだ先じゃないかと思いますけど。

 

Google検索連動型広告での広告費用の目安を調べたい時は、

Google Adwords(アドワーズ)

が無料で使えますので、ぜひ使ってみてください!

以前記事としても書いたので、こちらも参考にしてみてください

Googleアドワーズでの簡単キーワード検索方法!知っとくSEO対策

マネタイズを考えないと企業は破産します。ビジネスの教科書【2016年絶対保存版】

 

GoogleもYahooも、検索のキーワードに合わせた広告ですので、

狙ったターゲットに広告が届きにくいのが現状だと思います。

費用対効果での一番は、広告費を回収できるかどうかですので。

 

では、これから先を考えた有効なWEB広告は?

今までのデータを考えば、ありきたりですが、

スマートフォンを意識した、広告が有効的です。

では、スマートフォンの利用者数が多い、

[voice icon=”http://xn--eck4bq8o.com/wp-content/uploads/2016/06/FC3E2267C32D8D7F-A5C9CB28CE07FA33.gif” name=”ゼロイチ” type=”r”]GoogleやYahooにすれば良いじゃない![/voice]

って誰もが思いますよね?

費用を沢山かけられるなら、確かにそうなんですが、

もう一歩、先を考えてみましょう!

 

こちらから仕掛けることができて、

直接的に届く広告

スマートフォンアプリの広告

がこれから、ますます加速していくのではと考えています。

ゼロイチ.comでは、その中でも

広告費用を安く設定でき、広告効果も高い

 

Facebook広告・LINE@

 

をオススメしています。

Facebookは、パソコン、スマートフォンからの利用者も多く、

アプリでもよく使われています。

LINEは、スマートフォンアプリでもダントツの利用者数で、

LINEの商用版でもあるLINE@を使って、

お店や企業のLINE@のアカウントと友達になっている人へ

広告が可能です。

 

LINE@は、一度登録した方へ直接的にアプローチできるので、

リピーターへとつなぐこともできます。

LINE@の良い所は、プランを無料から選べるところで、

使用例としては、

イベントや来店時に登録していただき、

後日、オトクな情報や、イベント情報などを直接伝えたりします。

またFacebook広告は、新規顧客のへのアプローチとして非常に便利な広告となっています。

その説明をもう少し掘り下げていこうと思います。

 

Facebook広告がオススメな理由

なぜFacebook広告がオススメかというと、

 

狙ったターゲットに効果的な広告ができるからです。

 

30代の男性・日田市半径20km圏内・月曜から金曜までの午前11時~14時などのように

ターゲットを絞れるということは、それだけ広告費用も抑えることができます。

また、人とのつながりを大切にしているFacebookならではの効果も期待できます。

 

例えば、あなたがランチへ行くお店を探しているとします。

雑誌やチラシで見たお店。

もう一方は、友達が『いいね!』と言っているお店。

あなたが行くならどっちに行きますか?

私なら、友達が『いいね!』と言っているお店に行きます。

Facebook広告は、この効果が期待できるところが大きいのです。

 

検索連動型広告と、Facebook広告どちらが有効か?

検索連動型広告の画像を見て気づかれた方もいると思いますが、

全て、文字での広告です。

一方のFacebook広告は、『画像』+『文字』を使った広告なので、

広告連動型と比較して、

視覚的に捉えやすいのです。

パソコンでのFacebook広告

パソコンでのFacebook広告

スマートフォンでのFacebook広告

スマートフォンでのFacebook広告

Facebookは、おっさんのSNSでもう終わりだと言っている方もいますが、

まだまだこれからも伸びしろのあるSNSだと思います。

 

まとめ

パソコンやスマートフォンの利用者数を比較してみました。

利用者数、広告効果を考えた結果・・・

これからのWeb広告は、アプリ利用者数の多い

 

『Facebook広告・LINE@』

 

を活用しよう!ってことですw

以上、最後までご覧いただき、ありがとうございました!

Daiju.techでも使ってる
アクセスアップの新テーマ!

月間2万PVを達成した、

アクセスアップには欠かせない機能を満載したワードプレステーマ。

テーマ選びで迷っている方、必見です!

※今なら、無料サポート6ヵ月付き※

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -


活用されるIT・webサイトを提案しております。
Daiju.tech代表
webコンサルタント、webデザイナー、ITコーディネータ、診療放射線技師
ランディングページの作成を行い、SNS広告を活用し、販売促進に繋げることが得意です!
詳しいプロフィールはこちら

大樹

Copyright© Daiju.tech , 2016 All Rights Reserved.