サイトリニューアルしました

   

404エラーとは!HTTPステータスコードを理解する

 

皆さまこんにちは

今日は、Googleサーチコンソール内のHTTPステータスコード

『404エラー』

の説明と、その解消方法を紹介します。

404エラーとは

「見つかりません」エラー(404)

「見つかりません」エラーとは

Google は、あるページから別のページへのリンクをたどることによってコンテンツを検出します。一般に、「見つかりません」というステータス エラー(通常は HTTP ステータス コード 404)が返されるのは、Googlebot がアクセスしようとしたページが存在しないときです。その原因は、ページが削除されたか名前が変更されたにもかかわらず古い URL が新しいページにリダイレクトされるように設定されていないこと、またはリンクにスペルミスがあることです。

引用元:Search Console ヘルプより

自分のサイトで404エラーが出ているか確認するには

サーチコンソール内のクロールエラーから見れます。

ようは、Googlebotがクロール出来なくて、404エラーが出ない場合は、次の事が考えられます。

  • URLにアクセスしたが、ページが無かった場合
  • URLが間違っていて、無いページにアクセスした
  • 意図的に削除したページ

404エラーが出た場合どうしたらいいの?

まずは、エラーとなったURLが正しいか確認しましょう。

URLでの問題解決

URLで間違いが発生している場合、サイト上で、正しいURLへ戻しましょう。

正しいURLのページが存在しなかった場合、ファイルを正しく配置しましょう。

URLでのリンクミス(リンク元が移動した)なども考えられます。

意図的に削除したページの場合

これは、正常な動作なので問題ありません。

まずは、Googleサーチコンソールで確認してみましょう!

Googleサーチコンソールの設定や詳細は、Googleサーチコンソールの教科書シリーズを参考にしてみてくださいね!

custom_gallery
画像が見つかりません。

この記事を書いている人 - WRITER -


活用されるIT・webサイトを提案しております。
Daiju.tech代表
webコンサルタント、webデザイナー、ITコーディネータ、診療放射線技師
ランディングページの作成を行い、SNS広告を活用し、販売促進に繋げることが得意です!
詳しいプロフィールはこちら

大樹