新型コロナの特別枠創設!今だから利用したい小規模事業者持続化補助金〜支給方法までを徹底検証〜

新型コロナの特別枠創設!今だから利用したい小規模事業者持続化補助金〜支給方法までを徹底検証〜

重要:新型コロナウィルスの影響を踏まえて、特別枠が創設されました。

補助上限︓50万円から100万円へ引上げ、補助率︓2/3 

⼩規模事業者等が感染症の影響を乗り越えるために、経営計画を作成 して取り組む販路開拓の取組等を⽀援します。

 

特別枠

【申請要件】

補助対象経費の1/6以上が、以下の要件に合致する投資であること

A:サプライチェーンの毀損への対応

顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を⾏うこと (例︓部品調達困難による部品内製化、出荷先営業停⽌に伴う新規顧客開拓)

B:⾮対⾯型ビジネスモデルへの転換

⾮対⾯・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設 備・システム投資を⾏うこと (例︓店舗販売からEC販売へのシフト、VR・オンラインによるサービス提供)

C:テレワーク環境の整備

従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること (例︓WEB会議システム、PC等を含むシンクライアントシステムの導⼊)

 

3月13日(金)10:00(予定)に、公募受付・問合せ受付を開始します。

お問合せのお電話は、この「公募受付・問合せ受付」開始後にお願いいたします。

(お問合せ先電話番号および今回の公募にかかる詳しい情報は、「公募受付・問合せ受付」開始のタイミングで、この特設WEBサイト上などでご案内します)

https://r1.jizokukahojokin.info
日本商工会議所ホームページより引用

 

あなたは『小規模事業者持続化補助金』制度って聞いたことありますか?

そうですよね?

今あなたが思ったように「何?それ?」と思いますよね。

実は、ホームページ制作を依頼するとなると個人に依頼で30万以上します。

また、大手IT企業になると精巧なホームページですが高額ですよね?

そんなホームページ制作費に50万円の補助金支給が有るんです。

「え?」そう思ったあなたに、この『小規模事業者持続化補助金』についてもっと詳しくお伝えします。

 

【小規模事業者持続化補助金制作って何?】

 

簡単に言うと、中小企業に補助金の制度があります。

その名前が『小規模事業持続化補助金制度』と言います。

これは、中小企業に向けて

働き方改革や被用者保険の適応拡大、賃上げ、インボイス導入等に対応するための補助金です。

小規模事業者が取り組む商品の販路開拓の取り組みの経費を一部補助する事で、

地域の雇用、産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を目的とした取り組みなのです。

今回の公募の特徴ですが、

新型コロナウイルス感染症により、会社経営に影響を受けた小規模事業者へ販路開拓拡大に向けた補佐的な取り組みの一つです。

計画の作成や販路開拓等の実施の際、商工会議所や商工会の指導・助言を受けられます。

 

なんだか難しい気がするので簡単に3つにわけて説明すると、

 

①申請は最寄りの商工会議所や商工会で事業支援計画書を作成の相談をする必要があります。

②商工会議所や商工会では小規模事業者が、経営計画の作成や販路拡大の実地をしていく時に活用できます。その一つは、疑問点などの相談をすると、商工会議所や商工会から助言、指導が受けられます。

③経営計画を実行するには、販路開拓に必要なのがホームページです。外注をすると制作費やホームページリニューアルなどの宣伝広告費を上限50万円(50万円或いは費用の2/3の2種類からどちらか少ない方が補助)される取り組みです。

 

【小規模事業者持続化補助金の対象の事業者は?】

 

賃上げに取り組む小規模事業者

計画的に事業継続に取り組む小規模事業者

経済力の向上を図る小規模事業者

地域経済への影響力があり、経済産業省が選定した小規模事業者

過疎地域の経営環境の中で販路開拓に取り組む小規模事業者

 

【小規模事業者持続化補助金の条件とは?】

 

①従業員総数が5名以下の小規模事業者が優先されます。

②経営計画、事業計画について査定が行われます。総合的な評価が高い事業者から順に選ばれます。

 

【小規模事業者持続化補助金の対象になること】

 

①ネットを使った広告宣伝費用

②集客力を高めるため外注した店舗改装費用

③小規模事業者の経営する会社の主力商品を展示会や商談会への出展費用

④商品開発に向けパッケージや包装紙・ラッピングの変更にかかった費用

 

まとめると、販路開拓に向けた取り組みで、

具体的には、

インターネットを活用したものでは、ホームページの制作費用、ネットショップの制作費用

紙媒体では、商品チラシの作成費用、カタログ作成費用、パッケージ費用

特殊な物では、展示ボードなどの制作費用

などです。

 

【小規模事業者持続化補助金制度の手続きの開始と期限】

重要:新型コロナウィルスの影響を踏まえて、特別枠が創設されました。

補助上限︓50万円から100万円へ引上げ、補助率︓2/3 

⼩規模事業者等が感染症の影響を乗り越えるために、経営計画を作成 して取り組む販路開拓の取組等を⽀援します。

 

特別枠

【申請要件】

補助対象経費の1/6以上が、以下の要件に合致する投資であること

A:サプライチェーンの毀損への対応

顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を⾏うこと (例︓部品調達困難による部品内製化、出荷先営業停⽌に伴う新規顧客開拓)

B:⾮対⾯型ビジネスモデルへの転換

⾮対⾯・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設 備・システム投資を⾏うこと (例︓店舗販売からEC販売へのシフト、VR・オンラインによるサービス提供)

C:テレワーク環境の整備

従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること (例︓WEB会議システム、PC等を含むシンクライアントシステムの導⼊)

 

1.申し込み受付開始は?

 

2020年3月13日(金)からです。

 

2.申請は?

 

日本商工会議所(補助金事務局)ですが、

申請前の相談は、お近くの商工会議所や商工会となります。

商工会議所検索

商工会検索

 

3.申請手続き書類送付締切は

 

第1回受付締切:2020年3月31日(火) 終了

第2回受付締切:2020年6月5日(金)

第3回受付締切:2020年10月2日(金)

第4回受付締切:2021年2月5日(金)
※すべて締切日当日消印有効です。

 

詳細については最寄りの商工会議所にご相談してください。

もし、あなたが商工会に所属していなくても大丈夫です。

無料で相談を受けられます。

更に、行政書士など費用を支払うと手続きやサポートを受けることが出来ます。

実は適応外が有るのです。

それは何かと言うと、

既に着手済みの小規模事業者の販路開拓は適応外です。

あなたは意外だと思うかも知れません。

ですが、補助を受けるためには申請手続きの手順を忘れずに行うことが必要になるのです。

承認を得てから販路開拓や拡大を行うことが失敗をしないポイントです。

 

【まとめ】

 

小規模事業者持続化補助金制度は、今回の新型コロナウイルス感染症で打撃を受けた中小企業を支援する目的の制度です。

ネットが普及した現在、ホームページ制作などIT関連は欠かせません。

上手く活用することで、中小企業の経営を維持することができるのです。

 

株式会社Daiju.techでは、2018年から小規模事業者持続化補助金を活用した

ホームページの制作、ネットショップの制作、カタログや展示会のパネルなどを制作しています。

作って終わりではなく、売り上げを上げるための戦略づくりも一緒に行います。

 

また、商工会議所とのやりとりもノウハウがあるからこそ、スムーズなやりとりもできます。

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

 

制作実績はこちら

株式会社Daiju.techの制作実績