Windows10サポート終了まで約1年!今からしておくべきこと2つ

Windows10のサポートは、2025年10月14日にすべて終了します。
サポートが終了したからといって、パソコン自体が即座に使えなくなる訳ではありません。

とはいえ、サポート切れのパソコンを使い続けることは、「セキュリティ面で好ましくない」となんとなく気づいていらっしゃるのではないでしょうか。

近い将来、お手持ちのパソコン(Windows10)のサポートが切れるとしたら、今からどんなことに気を付けておけばよいのでしょう。

この記事は
・Windows10のパソコンを使っている
・「サポート終了」が気になっている
という方に向けたものです。

「気づいたらサポート終了を迎えていた」「結局準備ができていなくて困った」ということがないよう、今から必要な情報をチェックしておきましょう。

Windows10サポート切れについて知っておくべきこと

まず、Windows10のサポート期間が終了してしまうことから「起きること」を理解してください。

・セキュリティ関連のプログラム配布が終わる(サイバー攻撃などに遭いやすくなる)
・PCにつないでいる機器のトラブルが起きやすくなる(プリンタなど)
・新しい機器の選択肢が狭まる(Windows10対応のものがなくなる)
・OSの不具合が解消されなくなる(アップデートされないため)

今からしておきたい2つのこと

Windows10のサポートが終了する2025年10月14日までに、今から何をしておけばよいのでしょうか。

1.データのバックアップをとる

こういっては言い過ぎかもしれませんが、「いつ、何が起きても慌てずにすむよう」バックアップをとっておきましょう。

これまで作成してきたファイル、使用してきたデータを外付けハードディスクやSSD、OneDrive(クラウド)に逃がしておくのです。

1日の仕事の最後に、その日使用したデータをバックアップしておけば、「最新の情報」を取りこぼさずに済むでしょう。

こうしておけば、急にパソコンを買い替えなければならなくなっても「あのデータがない」という後悔をせずに済みます。

2.パソコン買い換えの検討

Windows10のパソコンを使用している場合、今からパソコン買い換えの検討を始めてください。
いずれ様々なリスクにより使えなくなってしまうものですから、早めに購入の検討を始めるのは悪いことではありません。

決して緊急度は高くありませんが、今から「どんなパソコンがいいか」を考えておくと、値段の動きを見守ることができますし、家電量販店などのセール時期に購入できる可能性が高まります。

少し前の話題ではありますが、コロナ禍の頃、半導体需要の高まりからパソコンの価格が高騰したこともありました。
テレワークやリモート授業からパソコンを求める人が増え、半導体供給が追い付かなくなったことからパソコン価格の高騰が起こったのです。

パソコンの価格は思いもよらぬことで影響を受けます。

好ましいスペックのパソコンを安く買いたいときは、「どんな感じのパソコンがいい」と目星をつけ、定期的に値段の動きをチェックするとよいでしょう。

パソコン購入でお困りの方へ!日田市のDaiju.techがお手伝いします!

まとめ

Windows10のパソコンを使用しているとき、2024年7月現在しておきたいことは「データのバックアップをとる」「新しいパソコンの購入を検討する」のふたつでした。

とても単純なことと思われるかもしれませんが、この2点を気にしているのとそうでないのとでは、後の「困り具合」が全く違ってきます。

今から備えておけばいざという時に慌てずにすみますし、費用面でも大きな痛手とならずに済みます。

株式会社Daiju.techでは、パソコンの買い替え相談や、データバックアップのご依頼も受け付けています。
パソコンに関する心配事があれば、どうぞお気軽にお問い合わせください。

HOME

HOME

BLOG

BLOG

制作実績

制作実績

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ