MEOとは

MEOとは?その重要性と対策の具体例をご説明します!

お店やビジネスを紹介する方法の一つに、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)などがあります。

このような仕組みをMEOと呼び、検索してくれた人に、場所とサービス内容を知らせるために便利なものです。

ですが、今あなたは次のようなことで困っていませんか?

・MEOとは何?聞いたことはあるけど…。
・MEOを始めるメリットは何?
・MEOに取り組むとき、気を付ける点は?
・SEOより早く効果が出るって本当?

今回はこれらの疑問にお答えします。
MEOが気になっている方、実際に使っている方、どうぞ最後までお読みください。

MEOとは何?

MEOとは、マップエンジン最適化(Map Engine Optimizationの略)のことで、ローカルSEOとも呼ばれます。
文章を検索サイトに認識させ、上位表示させるためのSEOよりも早く効果が表れる(検索者の目に触れる)可能性が高い点でも注目されています。

では、GoogleマップやYahoo!地図で「日田市 カフェ」で検索してみてください。
マップが表示される部分の左寄りに、いくつかのカフェとその情報が現れます。
これがMEOと呼ばれる集客の手法を活用した例です。
Googleの場合は「Googleビジネスプロフィール」、Yahoo!の場合は「Yahoo!プレイス」を利用します。
※今回は、Googleマイビジネスを例にとってご説明します。

下の図は、Googleで「日田市 カフェ」で検索した結果です。
※店舗名をクリックしたとき、「このビジネスによって更新済み」ないしは「電話によって確認済み」、「投稿への返信がある」店舗は、このサービスの活用を始めています。
「このビジネスのオーナーですか?」の表示のある店舗は、まだサービスを活用していません。

日田市 カフェで検索した結果

 

では、「近くのガソリンスタンド」で検索したらどうなるでしょう。

スマートフォンやパソコンの情報から、検索者のいるエリアに近いガソリンスタンドを提示してくれます。

 

近くのガソリンスタンドで検索した結果

 

MEOは、あなたのビジネスをアピールする方法としてとても有利なものです。

MEO実施で「近くの飲食店」「近くのガソリンスタンド」など、出先で今すぐ問題解消をしたい人に向け、情報を提供すると同時に道順を案内する方法としても重宝されます。

MEOでできることと重要性

上でも少し触れたとおり、MEOに着手すれば「出先で困っている人を助ける情報の提供」をはじめとして、同じ地域内でも「まだ知らない店を発見したい」「安い店を見つけたい」などの希望をもつ人に向けても情報を発信できます。

もし、あなたが土地勘のない場所で何かの店を探すときどうしますか?
ネットや地図サービスを使って調べないでしょうか。
そして、得た情報から提供商品や価格帯を検討したうえで店を選び、そこに向かわないでしょうか。
検索結果にあがってこない店については、たとえ実店舗が目の前にあっても「(情報がないことから)入りづらい」「敷居が高い」と、選択肢に入れないこともあるでしょう。

MEOに取り組めば、比較的容易に検索者の目に留まり、検索者の求める基礎的な情報を提供できます。
検索者の「今すぐ知りたい!」に応えることができる仕組みですので、とても大切といえるのです。

MEO実施のとき注意したい4つのポイント

ここからは、MEOに取り組みたい方に向けて、注意していただきたい3つのポイントをご紹介します。
せっかく取り組むのなら、より効果的にアピールしたいものですね。

マップで検索する人は、「今すぐ、特定地域のお店やサービスについて知りたい」というニーズを持っていますので、以下の4点に注意してください。

1.検索者が知りたいと想定できる情報をカバーする

飲食店ならば、日頃問い合せが入ること、もしくは来店予定者が気にしそうなことを情報として取り上げてください。

たとえば、
・子供連れOKなのか
・駐車場はあるか
・代表的なメニューは何か
・客単価はどのくらいか
・営業時間や定休日はどうか
・Wi-Fiは使えるか
・クレジットカードや電子マネーが使えるか
といったことです。
また、店内・外観の写真があると、より身近に感じてもらえることでしょう。

マップ検索することで、今すぐ知りたい情報をある程度把握できるのは、検索者にとって大きなメリットです。
そのマップサービスで取り扱える範囲内で、ムリせず上手にアピールしてください。

例として、弊社のGoogleビジネスプロフィールでの表示を見てみましょう。

所在地、営業時間、電話番号、自社WebページのURL、弊社へ寄せられた口コミとそれに対する返信を見て頂けます。

Daiju.techマップ情報

 

Daiju.techマップ情報2

 

もし、さらに詳細にマップ情報を見てみたいときは、以下をクリックしてみてください。

株式会社Daiju.tech│Googleマップ

2.SEO対策―ブログやSNSなどでも知られる努力を

MEOとSEO(検索エンジン最適化=検索エンジンに評価されるための工夫)は別のものではありますが、とても密接な関係にあります。
あなたのビジネスのWebサイトがSEO面で競合他社より有利(検索結果の上位にある)なら、MEOでも有利な立場に立てます。
その点も考慮に入れ、自社サイトに掲載する記事はSEOを意識したものにしましょう。

Googleもその点について、次のように示しています。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も視認性の高さに影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。

Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法│Googleビジネスプロフィールヘルプ

3.評価に対する素早い対応

MEOへの取り組みを始めると、口コミが寄せられることがあります。
その口コミにすぐ対応しましょう。
特に批判的なコメント・評価に対しては、素早く誠実な対応をしてください。
対応によってその口コミを寄せた人が抱く印象もよいものに変わる可能性がありますし、スピーディーなやりとりが見えればあなたのビジネスに興味を持つ人に良い印象を与えられます。

また、人に見えるところでの誠実なやりとりは、次の口コミを呼び込む効果があります。
口コミが増えれば増えるほどマップに表示される順位が上がることもありますし、実際の来店率が上がることもあります。

4.Googleビジネスプロフィール「インサイト」を定期的にチェックする

取り組むMEOがGoogleビジネスプロフィールなら、ログイン後の「インサイト」をチェックしてください。
どんなキーワードで検索されたか、どんな端末(パソコンもしくはスマートフォン)で検索されたか、Googleビジネスプロフィール経由で通話が発生した割合はどのくらいか、などを理解できます。

「日田市 ランチ」のようにサービスや商品名で検索されているときは、間接検索が多く出ます。
「日田市 ダイジュテック」のように直接検索(社名・店舗名)が増えているときは、ブランディングが進んでいるといえます。

このように、インサイトを定期的にチェックすれば、今後どんな対策を講じればよいのかがわかってきます。

まとめ

GoogleビジネスプロフィールをはじめとしたMEOは、「今すぐ」「今いる場所で」特定のサービスや店舗を見つけてもらう方法のひとつとして有効です。
MEOに取り組めばそのような人の目に触れる機会も増やせますし、見込客とのコミュニケーションのきっかけ作りとなり来店を促せます。

ただ、MEOは単にスタートすればよいというものではありません。
・Googleビジネスプロフィールなどに必要な情報を正しくアップする
・既存Webサイトの記事にはSEO対策をする
・Googleビジネスプロフィールなどに寄せられた口コミに素早く返信する
・Googleビジネスプロフィール「インサイト」を確認、次の手を検討する
この4点を着実に行うことで、マップ上で上位表示されるようになります。

取り組み方次第では、同業他社(他店)に差をつけながら、見込客との接点を多く作れます。
また、SEO単独で実施するより手軽な一面もありますので、一度検討してみてください。

もしMEOをはじめてみたいときは、ぜひ私たちにご相談ください。
ここでは簡単にしかご説明できませんでしたが、MEOの運用方法などもご説明いたします。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

HOME

HOME

BLOG

BLOG

制作実績

制作実績

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ